セサミンでLDLコレステロール値を下げる

コレステロールは善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)の二種類があります。
コレステロールは主に肝臓で作り出されます。
コレステロールは血液によって全身に送られるのですが、肝臓からコレステロールを送り出す働きをするのがLDLコレステロールです。
ですから、LDLコレステロールは、体にとって必要なものなのです。

では、なぜ「悪玉」と呼ばれているのでしょうか? それはLDLコレステロールによって肝臓から必要以上のコレステロールが送り出されると、血管に付着して動脈硬化になる可能性があるからです。

LDLコレステロールが多い方は、アルコールを大量に飲む方、脂っこいものが好きな方、喫煙をしている方、ストレスを溜めやすい方などです。

LDLコレステロールを放置していると、脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こすリスクが上がるので早めの対処が必要になります。
そこでお勧めなのが、セサミンです。
セサミンは、肝臓で集中的に働く抗酸化作用を持っています。
セサミンを摂ることで、肝細胞の酸化を防止して機能を向上させることができます。
肝機能が正常に働くようになれば、LDLコレステロールではなくHDLコレステロールを多く生成できるようになるので、血中のLDLコレステロール値を低下させることができるのです。

また、セサミンはLDLコレステロールを減らすだけではなく、血管内で活性酸素と結びついて悪さを行うことを防ぐ効果もあります。
このようにセサミンを摂ることで、LDLコレステロールを効率的に除去することができるのです。

コレステロール値を下げる健康食品はたくさんあります。
その中でもセサミンをお勧めする理由は、LDLコレステロール値を低下させる効果以外にも多くの健康効果があるからです。
先程も述べたようにセサミンは抗酸化作用が強力なので、生活習慣病やガンを予防することもできます。
LDLコレステロールだけではなく身体全体を健康にしたいという方は、ぜひセサミンをお試しください。

トップに戻る